社長デスクの隣で仕事。お昼休みはあっても無いようなもの

私が勤務している会社の社長は少し変わっています。変わっていると言う方は少し語弊があるので言い換えると、「非常に食にこだわりを持っている」方なのです。勤務している会社は少人数のスタッフで全員女性なのですが、私のデスクはちょうど社長のデスクの隣にあり、常に見られている状態で仕事をしなければいけないので、若干仕事がしづらいこともあります。

ある日のお昼休みも、私が朝準備したお弁当を広げ食べようとすると、デスクからじーっと私のお弁当を見つめ、「それ全部手作り?すごいじゃん」「動物性脂肪もちゃんと摂りなさいよ」「ひじきは毎日食べると体に良くないのよ、ネットで調べてみなさい」などと、私のお弁当の中身に関して色々と言ってくるのです。

ですので、非常に食べづらく社長が何か言ってくる度に手と口を止めて対応しなければいけないことに少し面倒くさいところがあります。食に関しては本当に詳しい方なので、為になることはたくさんあるのですが、お昼休みくらいは社長から解放されてリラックスした気持ちで昼食を食べたいのが本音です。

また、私はダイエットをしているので基本的に昼食には炭水化物は持っていきません。ですが社長は「お米はどこにあるの?」「糖質、脂質、タンパク質は体の三大栄養素よ、ちゃんと糖質摂りなさいよ」などと、炭水化物が無いことに強く反応し何かと言ってきます。

あまりに言われるので、最近では小盛りにしたご飯を一緒に持っていくようにしました。ですが内心では「早く社長もお昼休みに行ってくれないかな」と思い、いつもお昼休みを過ごしています。

その他にも、私がダイエットをしていることを知っているにも関わらず、「これあげる、このチョコ美味しいのよ」「新発売のパンなの、食べてみて」などと、何かと差し入れをしてくれます。社長自身も健康には気をつかい、グルテンフリーなどのダイエットをしているのでパンは一切食べないのですが、新発売のパンをスタッフに食べてもらいその感想を聞く行為には少し呆れてしまいました。

社長のデスクの隣で仕事をすることは、勉強になることも多く自分自身も大きく成長できることではありますが、逆を言えばお昼休みは休むこともできず、精神的な負担も大きいことだと思います。ですがそれも人生勉強の一つだと思い、社長に何を言われようと私は明日も手作りのお弁当を持っていくつもりです。

職場人間関係